top of page
  • kobayashisigeo

3/10 『紫式部本人による現代語訳「紫式部日記」』古川日出男を読む

更新日:2月23日

3月10日(日)<生田> 午後2時〜5時 

★3月の本
『紫式部本人による現代語訳「紫式部日記」』古川日出男
新潮社

前回(中上健次)の反動でしょうか、今回は雅びな世界に少し息抜きをしてみたくなりました。『源氏物語』は別の読書会で読み継いでいますが、作者ご本人(紫式部)はそれをどんな思いで書いたのか、その楽屋裏を覗いてみたいのと、NHK大河ドラマ「光る君へ」がもっと面白く観られるように、という一石二鳥を狙った選択でもありました。もちろんそれだけではありません。古川日出男の「現代語訳」への期待です。というのは以前読んだ『平家物語 犬王の巻』の疾走する文体の躍動感に魅了された記憶も残っているからです。彼の「語り」の面白さが、一千年前の「紫式部日記」をどう再現するか、読む前からワクワクしています。










閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page